斜角門形カルバートとは

  1. ホーム»
  2. 斜角門形カルバートとは

斜角門形カルバートとは

はじめに
わが国土では、道路と道路や道路と水路がクロスする場合、その交差角が直角以外の、いわゆる斜角となる場合が圧倒的です。

私どもは、国土の地形・環境に融和する「斜角技術」の開発を継続してまいります。


  • ■ 独自の斜角製品祖遺贈技術(型枠特許出願中)により、門形、U形、L形を 組み合わせる事で、斜角門形カルバート・斜角門形BOX、 拡幅水路(トランジション)、拡幅渠(ラッパ状ボックス)等の製品を 提供することが可能になりました。
  • ■ 型枠の斜角度は直角交差~±58°交差まで、0.5°ピッチで製品製作が可能です。
  • ■ 門形・暗渠・水路等のうち幅は、3.0m~10.0mまで10cmピッチで製品製作が可能です。
  • ■ 横断部を門形とした場合、概設水路を撤去せず、通水時での施工が可能です。また、 渇水期に関係なく通年施工が可能となり、経済性・ 施工スピードが飛躍的に向上します。

バリエーション

1つの型で何通りもの斜角製品が作れます!
(下記は作成例です)

バリエーション